軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

運動学by二年生

運動学。 僕たちの下の学年から違う先生(僕らは発達でお世話になっている)になりました。

僕たちの学年は… 栄養素が多いけど、刺激が強いニンニク。 ちょっとならいいけど、大量だとお腹をくだします。 そんな運動学でした(笑

ちょっとは吸収できているけど、 何をやったかもいまいちわからないレベル。

なので、後輩から資料を借りて、 どんなことをやっているのかを見てみました☆

以下、メモです。

<運動学2> ・改めて物理のところからやり直している

・構成運動(滑り、転がり、軸回旋)  凹の法則、凸の法則?

<運動学実習> ・運動学実習も新しい先生?

・部位ごとに授業 (MMTは絡まない?)

・触診あり(「ランドマーク」という単語も使っている)

・2関節筋

・ROM-tを絡めている

◆気になる単語 ・フォースカップル(僧帽筋-前鋸筋関係) http://soulpower315.blog49.fc2.com/blog-entry-39.html

・倹約の法則(肘伸筋のところ) (ネットでは載ってない?)

・最大握力を示すのは背屈35°である (機能的肢位、安静時肢位)

・骨盤周囲  インナーマッスル(多裂筋、横隔膜、腹横筋、骨盤底筋群)  アウターマッスル(広背筋、大殿筋)

・膝関節  生理的外反

・スクリューホームムーブメント(終末強制回旋) http://hizaita.net/screw.aspx

・筋の長さ-張力関係

・牽引線 例)大胸筋鎖骨部の牽引線を図示してください

・アウターマッスル、インナーマッスルの協調関係

<考察> 僕たちの先生のパワーポイントの資料よりは、詳しく記述されています。

図の大きさ、余白の割合、説明の文章の量。 内容の難易度以前に 資料の見易さ、書き込みやすさって重要だなって思いました。

テストはやはり記述式を取り入れてます。 単純な暗記モノよりも、断然好きです☆

ちょこちょこと、よくわからないイラストが描いてあるのがツボ(笑 先生の似顔絵がちょ~似てます♪

<課題> ・自分の運動学の資料を見直す (音声データも聞きなおしてみる!重要部分だけ。)

・基礎運動学を改めて見直す (どこに何が載っているかを意識しておく!) →マインドマップ