読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

腰痛 健康カプセル!ゲンキの時間 まとめ

11/15放送分をまとめてみました(^_^)

<タイプ別> 1.反らすのがダメ 2.前へ曲げるのがダメ 3.立っていて痛い

1.反らすのがダメ

・足の長さを比較(くるぶしを目印に) 仰向けと坐位での左右差を比較     ↓ 骨盤のゆがみと判断

【対処法】 ・仰向けで両膝を抱え、膝を曲げる(10回) ・無理のない範囲で腰を反らす(10回)

2.前へ曲げるのがダメ

・骨盤がねじれていた

【対処法】 ・反るストレッチ

3.立っていて痛い

・椎間板がつまっている → 動きがなくなり、周りの筋肉が堅くなる

【対処法】 ・座ったまま脚を開き、前かがみになる(10回)  左右の動きを加えるとGood!

<基本原理> 習慣や仕事で同じ動きをしている ⇒ 違う動きを出す

<原因不明の痛み編> ・じっとしていても痛い ・楽な姿勢がない   など

リエゾン診療 (フランス語で「つなぐ」という意味)  福島医科大:主に整形外科+精神科

日記 → 仕事に不安があることがわかった ⇒ 心理的なケアで、痛み改善

◆ストレスによる影響(国際医療大学) 心理的負担で腰の負荷UP

【原理】 痛みを制御してくれる側坐核が、 ストレスにより機能Down! → 痛みの制御困難

【対処法】 ・脚を肩幅に開き、息を吐きながら前屈(5秒) → 気持ちいいところで止める(10秒?)

・頭に手を置いて、腰を反らす(5秒) → 気持ちいいところで止める(10秒?)

※気持ちいいと感じることがポイント!! これによって、 腰痛による恐怖感、先入観を取り除く

<感想> 骨盤の動きを引き出す、ストレス管理の視点がメイン。 作業療法士としても、大枠は理解しておきたいところです(^_^)

「筋肉を鍛える」という視点はなかったですね…