読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

行動の法則性  by リハビリテーション効果を最大限に引き出すコツ

行動が増えていく時の法則と、行動が減っていく時の法則です。

~~~~~~~~~~~~~~

1.適切な行動が増える法則 ある行動をしたときに褒められると、その行動は増える。 また、ある行動をした時に、自分の身体の状態が改善したり対人関係が楽しくなったりしても、その行動は増える。 子ども力を伸ばす、対象者の治療を進めるなどのヒューマンサービスの基本は、適切な行動を増やすことに集約される。

2.不適切な行動が減る法則 不適切な行動をしていても、環境からの応答がなければその行動は減る。 これを「消去」という。 不適切な行動を減らしたい場合には、その行動に対応しないという法則を用いる。

3.適切な行動が減る法則 適切な行動をしても対応や応答がなければ、その行動は減る。 したがって、適切な行動が出現したらすぐにフィードバックを返せるようにする。

4.不適切な行動が増える法則 不適切な行動をしていても、その結果、誰かが取り合ってくれたり、自分にとって都合のよいことが起こると、その行動は増える。 また、不適切な行動をして嫌な状況や苦痛を伴う場面を回避できたら、やはりその行動は増える。

5.プラスの感情的反応が増える法則 自分の行動が「うまくいった、人に評価された、褒められた」ということが繰り返されると、プラスの感情的反応(達成感、意欲、楽しさ)が増えていく。

6.マイナスの感情的反応が増える法則 嫌な刺激(嫌悪刺激)が繰り返し与えられると、与える人やその状況が嫌いになるだけでなく、マイナスの感情的反応(不安、緊張、いらだち、興奮)が増えていく。

~~~~~~~~~~~~~~

ざっくりまとめると…、

フィードバック → 強化 対応しない → 消去

良い刺激 → プラスの感情的反応(達成感、意欲、楽しさ) 嫌な刺激 → マイナスの感情的反応(不安、緊張、いらだち、興奮)

ということですね。