読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

集団の力

久しぶりの5時起き♪

11月に自分企画で登山→BBQをしました。 それと似た夢をさっき見ました☆

みんな ・二度寝、二日酔いで寝坊 とか ・急遽、走りたいから、登山チームから別行動 とか ・もともと自分のペースで走る とか ・登山はやっぱキツイから途中参加 とか という感じで好き勝手(笑)

企画の自分は自分で ・駐車場を調べてない とか ・登山ルートを調べてない とか 適当(笑)

みんな好き勝手でバラバラだったけど、 BBQ前にはキッチリ集合! それぞれ得意分野で動いて、楽しく終わりました(^-^ )

11月のBBQは 「適度に力を抜いてもいいんだな」 という認知行動療法だったなと思います。 それとともに集団の力を実感しました☆

何もしない人も大丈夫! イレギュラーな場面で、 「何もしてないだから、やってよ!」 的な圧力がかかって、自然と何かしらの活動を促されます。

もっと言うなら、 「いるだけでもいい」 みたいな価値観・考え方もあります。 アドラー心理学でも、そんなことを言ってました。

そんな感じで、 人間は色んな要素を持っており、 場面場面により色んなことを感じて 適応した活動を「自然と」促されます。

その他、もっと書きたいけど、この辺で。 ・種の中の多様性 ・役割活動 ・20:80の法則 ・自分の価値観で縛りすぎると、相手も自分も辛い

とりあえず、集団の力ってすごいな~と思います。

個の問題。 例えば、自己肯定感が低い人。

・もっとうまくやらなきゃ ・これもあれもできない 色んなプレッシャーで、ネガティヴなグダグダモード。

でも、集団の中に入れば何かしらできることができてきます。 落ちている遂行機能の中で、できる活動を通して集団へ還元。 自己肯定感が育っていく。

集団療法ってこんな感じなのかな~と思います。 人間がずっと生きてきた中の自然な流れだったと思いますが、 ここ100年前後、「個」を強調してきたが故に崩壊してきた流れですね。

だから鬱とか精神疾患が出てきて、 そこで集団療法なんかを扱う作業療法が必要になっているのかな~。

そんなことを考えた5時起きの朝でした。