軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

大人になる!?

先日のブログの続きです。

<こどもの特徴?>

1.不満を感情として他人にぶつけて解消しようと考える 2.何でも分かった気になれる”単純な世界観”に生きている 3.自分と違うモノ、多様性を理解しない人である

父親がこれです(>_<)

現象レベルでは、 ・他者の悪口、一方的な批判(状況をあまり理解していないくせに) ・自分の自慢話 これを延々と繰り返します。

・何か自分に都合が悪いことがあっても、大きい声で相手を威嚇します。

大学生まで、家にいる時はこれがストレスでした。

どうすればいいのでしょう?

27歳。2回目の学生生活の前、 少し大人になった(と思っている)自分が気をつけたことです。

1.肯定的に接すること 2.自分が、その人に馬鹿にされていないこと

1.肯定的に接すること こどもの特徴を持つ人は、自分に自信がないことが多い。 自信がないところをつつくと、一気に怒り出します。 余裕がないんですね。 そして、怒ると話にならない。 論理破綻してしまうので、まず肯定的に接することが重要です。

「認める」というアプローチにもなります。 これは条件2が満たされていないとあまり効果がないですが。

肯定的に接するということを「継続的に行う」のはパワーが必要です。 自分がイライラしないためにも、距離感が大切。

2.自分が、その人に馬鹿にされていないこと これは正論で大きい声を出し、黙らせたりしてると大丈夫になってきますw (攻撃されている時ほど、カウンター効果が期待できる気がします)

日常会話では、整合性のある公平な意見。 そして知識と教養。

4年間の2回目の学生生活は、それで自分を守ってきました(^-^ )

1と2で自分は守れましたが、母親はけっこう攻撃にあってました(>_<) 母親は母親でまあまあかわす術を身に付けてますが、心配です。

もし、次に実家へ帰る機会があったら、やってみたいことが3です。

3.自信が持てるものを持つ ↓そのために必要だと思う要素 「現在進行形」 「役割を担う」 「周りにも評価されるサイクルを作る」

「現在進行形」 自信が持てるものは、「現在進行形」がいいですね。 過去の栄光は何回も話されると、嫌気が差します。

「役割を担う」 団塊世代のムダに健康なオヤジ。 エロビデオに入魂しています(^_^;) 情けない。(多少はいいと思うけど…)

この世代は金もあるし、時間もあるし、そこそこ動ける。 なんらかの社会的役割を果たすのに、すごいいいエネルギーを持っていると思います。

役割を担い、周りに目を向けることで、自分自身への意識が弱くなることがいい。

「周りにも評価されるサイクルを作る」 自信が持てるものを持ち、周りにも評価されるサイクルができれば、 満たされていくのだと思います。 そして、だいたいの人間は自分が満たされれば、周りにも優しくなると思います。 たぶん。

そういうわけで、6月に帰った時、 親戚が緑のおじさん(小学生の交通誘導)をやっているという話を聞いたので、 オヤジにも薦めました。

押し付けはよくないけど、 少しは響いているといいなと思います。

他者へ何かをするなんてのはおこがましいですが、 作業療法士はこんなことを考える仕事です。