読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

引越し時 ご近所あいさつの必要性

引越しのプロが教える、引越し日の「ご近所あいさつ」、基本マナーと裏ワザ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130223-00038490-suumoj-life

~~~~~引用start~~~~~

いざ手土産もマナーもばっちり!とはいっても、会ったこともない人の家のドアをピンポンするのはやっぱり勇気がいるもの。特に女性の場合、お隣さんが男性の場合はためらわれる、という人もいるはず。なにかいい裏技はないものだろうか?

森岡さんは「どうしてもと言うなら」と前置きをして、アドバイスしてくれた。 「なかなかそのようなケースは把握していませんし、特にサービスがあるわけではないのですが、作業員が近隣へごあいさつに伺う際に、一緒に行くこともできなくはないですね」

~~~~~引用end~~~~~

引越し挨拶の基本ルール http://allabout.co.jp/gm/gc/372492/

~~~~~引用start~~~~~

ご近所に引越しされてきた方が挨拶に!あなたはどんな気がしますか? →どんな人かわかってよかった(67%)

■転居先での挨拶時期 新しい住人が来たとなれば、誰しも「どんな人が来たんだろう?」と気になるもの。なるべく早い時期に挨拶に伺えば安心されるはずです。よって挨拶の時期は引越し当日または、翌日までには終えたいですね。

挨拶品の予算は500円~1000円が一般的。品物はタオル、クッキー、石鹸などが無難でしょう。 ~~~~~引用end~~~~~

<まとめ> される側の立場になると、 やっぱりあいさつは行った方がいいですね。

両隣は同じ職場のナースさんである可能性が高いので、尚更です。 友達が「ナースさんには、クッキーとかお菓子がいいのでは?」って言ってました。