軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

解剖学のゼミ

100%を目指すという解剖のゼミを受けました。 情報量が多くて大変です(^_^;)

内臓系など実習で優先度の低いものは あまりやっていない傾向があるので、 国試頻出問題でも、解けないのがけっこうあります…(>_<)

出題頻度を確認し、 頻出問題を優先してやっていきたいと思います。

<解剖学の勉強方法> 1.授業で解いた問題をもう1度解く 2.簡易的にまとめ(ルーズリーフ) 3.QB 4.覚えらないものは、書いて覚える

◆ゼミのメリット 授業を受けると少なからず印象に残るので、 知識ほぼゼロ → あいまい知識 になります。

一人で勉強すると 出題頻度が低い問題は基本的に深追いしませんが、 それをあいまい知識に昇華できるのは 授業を受けるメリットだと思います。

解剖学は20問出題されるので、 あいまい知識でもそれなりに効果があると思いたいです(^-^ )

ちょっと細かすぎるので、すべてを確実な知識にするのは諦めます☆