軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【国試勉強法】解剖生理

実習がまだありますが、 授業は国試モードです。

先日、授業で解剖生理の問題を解きました。 神経路など苦手な問題はさっぱりです(^_^;)

現段階はそれでいいと思います。 何がわからないのか無知の知を得ることが重要。

あと半年以上あるので、 繰り返し行い定着させればいいと思います。 (基礎医学は年内に80%くらい取れるようにしたいですが)

その繰り返しのパターンを定着させるのが 今の時期かなと思います。

<繰り返しのパターン(案)> 1.家で文献調査 2.PCでまとめ(A5で印刷) 3.外で繰り返し書くor解く

最終的には 「問題を解く」の繰り返しになると思います。

まだ余裕があるうちは 自分なりにまとめる作業を行っていきたいです。 仕事の経験で得られる技術も 自分なりにまとめていく必要があると思いますが、 その準備運動のようなものですね。

まとめる作業を行うことのもう一つの目的として、 できるだけ単調な作業をなくすことがあります。 絶対に飽きる(^_^;)

コツコツと継続できたらと思います。