軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【作業分析2】コップで飲む動作

バイト先での観察より、 コップで飲む動作を考えてみました。

◆上肢の機能 肩関節の屈曲制限があるとキツイ。 肩関節の屈曲45度くらいでも、 肘の屈曲が90~120度くらいで入れば 手関節の橈屈で代償することも可能。

肩関節屈曲または肘屈曲、手関節橈屈がギリギリのラインだと 最後まで飲みきれない。

また、正常動作では(僕が行うと) コップを口につけて飲んでいくうちに 肩関節の外転が無意識に行われる。 (正確に言うと、肩甲骨面上の動き。)

肩関節外転は30度~90度くらいまで行うが、 この外転を行わないと、手関節の橈屈が行いにくい。 (手関節背屈が混ざった動きになるからだと考えられる)

体幹の機能 例えば、上肢機能において 手関節の橈屈が出にくい場合、 頚部および体幹の伸展で代償することもできる。

また、上肢機能の話において 体幹の安定はとても重要な要素となる。

例えば右上肢でコップを持つ場合、 肩関節を屈曲、外転させるとすると、 重心が右前方へ移動するため、 左後方へ制動する働きが必要となる。 つまり、左後方の体幹筋の遠心性収縮による筋収縮による制動か 体の部位を左後方へ移動することによる制動かが必要となる。

そしてその制動のためには、椅子や車いすの安定的な状態も求められる。

◆まとめ 従って、コップで飲む動作において 上肢機能:肩関節の屈曲と外転、肘の屈曲、手関節の橈屈 体幹:頚部、体幹の伸展、遠心性収縮にによる筋収縮 ということがけっこう重要であると考えられる。

もしそれらができないのであれば、 関節可動域や筋力、その他(疼痛とか?)の原因を探ったり 環境設定(シーティングなど?)したりする形になると考えられる。

◆関連項目 ・嚥下 ・シーティング そのうち、まとめます。

とりあえず、身体機能ですぐに書ける部分のみのまとめでした。 実習ではこれにプラスαがだいぶ必要になると思います。 ていうか、作業工程の概念が抜けているので、そこからですね(^-^ ) この文章は「必要な機能」についてだけ考えているので… なので、正確に言うと「作業分析」の前段階という感じです。