軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

国試メモ

基礎固めのため、国試に着手しました。 だいたい2回ずつやるようにしてます。

1回目:調べながら 2回目:何も見ず

よくわからない問題は回答も見ちゃいます。 とりあえず、一通り目を通すことが 今の段階の課題だと思っているので、浅く広く!

以下、メモです。

<解剖学> ◆神経支配 前腕、手指以外はまだまだ勉強の必要あり。

◆骨、関節 骨、関節の種類がまだまだあいまい。

◆筋 起始停止、今までの知識で半分は解ける。

◆靭帯 1からの勉強。 肩関節周辺、膝は着手。 その他も一回はイラストを描くべき。

作業療法 評価法> ◆関節可動域 杓子定規な問題。 「こうしなくてはいけない」という柔軟性を奪うような問題が多い?? 例) 足部の背屈、底屈は必ず膝屈曲位で行う

先生に相談したら、実習とは切り離して考えた方が良いとのこと。