読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【実習実技】ROM4

メジャーな関節を一通りやってみました!

運動方向より ・動き ・肢位 ・代償の傾向 などがなんとなくわかるようになりました♪

後は ・ADLへの影響 ・エンドフィール ・患者さんの表情(つい、意識が向かなくなってしまう) などがすぐにわかるようになるといいですね☆

<メモ> ◆その人、本来の関節運動 「肩の下にタオルを敷くというのは その人、本来の関節運動でなくなる」 と考えるバイザーもいるようです。

◆二関節筋による影響 例えば、足関節。 「ヒザを屈曲しておくことで、 本来の関節の動きを再現する」 という考え方。

でも、ADLで必要とされそうなら、 ヒザ伸展でも測定する必要がありそうですね☆