軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

グループワーク

いくつかのグループワークにてリーダーをやってますが、 「うまくまとめてくれる」と褒められました♪

うまくやれている実感はほどほどですが… 自分なりに気を付けていることと、 グループワークの考え方を簡単にまとめてみました。

◆リーダーの役割 ・アウトプットのイメージを作る ・段取りを明確にする ・役割を明確にする ・問題点を明確にする

【話し合いにて】 ・設問を再確認する ・みんなへ意見を聞く ・土台案を出す

こんなもんでしょうか? こう文章にしてみるとシンプルですね。

◆役割についての考え方 1)自分ができることは何か? 2)そのグループで求められているのは何か?

この2つを意識して、自主的に動けているか? 1つの社会性ですよね。

◆グループワークでの役割 ・リーダー(進行役) ・書記 ・発表 などわかりやすい分担があります。

積極的に意見を出す、というのも役割の1つですよね。

役割を意識できていない。 そして、動けてない人というのはすぐにわかってしまいます。

◆実習への応用 実習においても同じだと思います。 リハビリ課内での実習生の役割。 そして、できることは積極的にやる姿勢。

仮にもしバイザーさんが見てなくても、そこのリーダーは見てるでしょうね。 リーダーというのはそういうものだと学びました。

「役割」というのは、学生とか社会人の枠組みを越えた考え方だと思います。