軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!(元作業療法士の備忘録)

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

【評価実技】歩行分析

歩行分析。 右足の立脚期が短い利用者さんがいました。

立脚期が短いということは… 1)痛みがある? 2)片足立ちをするための筋力が足りない? 3)ROMの制限因子がある?   (股関節の伸展制限など) というような仮説が出せます。

◆それぞれの考えられる評価

1)痛みがある? ⇒ VASなど

2)片足立ちをするための筋力が足りない? ⇒ MMT

3)ROMの制限因子がある?   (股関節の伸展制限など) ⇒ ROM-t

◆治療?

1)痛みがある? ⇒ 痛みの原因を追究し、そこを攻める感じ?   う~ん、具体的なことはよくわかりません。

2)片足立ちをするための筋力が足りない? ⇒ 具体的にどこの筋肉が弱いのかが特定できたら、   そこを鍛えるのみですね。

3)ROMの制限因子がある?   (股関節の伸展制限など) ⇒ ストレッチ的な治療になるんでしょうか?

◆立脚期に必要な筋肉 ・下腿三頭筋 ・大腿四頭筋ハムストリングス ・股関節外転筋群 ・大殿筋 ・脊柱起立筋群

手元の資料によると、 ・下腿三頭筋 → 踵離期~足趾離期に活発化。

大腿四頭筋、脊柱起立筋群 → 足底接地期、踵離期~足趾離期に活発化。

ハムストリングス、股関節外転筋群、大殿筋 → 足底接地期に活発化。

という感じらしいです。   股関節外転筋群や脊柱起立筋群を使うのは ちょっとした盲点かもしれないです。 あと上肢の手の振りは歩行スピードが上がってくると、 ポイントになってくるかもしれないですね。

◆下肢の運動方向 ・股関節:1回の歩行周期に1回伸展・屈曲 (+外転、内転?) ・膝関節:1回の歩行周期に2回伸展・屈曲 ・足関節:1回の歩行周期に2回底屈・背屈

<考察> 一つの事象から仮説を立てていく。(スクリーニング) その仮説は評価や治療をしていくことで裏付けしていきます。

プログラムのバグつぶしにちょっと似ています。

どれだけ仮説を立てられるか。 これってけっこう重要ですね。

今後、ADL上のちょっとした動作を1つずつピックアップし、 ブログ化していこうと思います。 スクリーニングの練習です☆